Masakazu SOMA|相馬正和

Biography

相馬正和

 

1949年、横浜に生まれる。1971年、沖縄へ渡り壷屋統・故高江洲育男氏(現代の名工・伝統工芸士)に師事、陶工見習いとして入窯。1975年、恩納村に登り窯を築き独立する。1978年、読谷村座喜味に登り、窯を移窯。世界各国を歴訪し、研鑚を積み、2002年、経済産業省より伝統工芸士の認定を受ける。

青い海に熱帯魚が泳いでいるキビ灰釉のパーティー皿が印象的な陶眞窯、相馬和正の作品は、他にもデイゴの花をモチーフにした赤絵や、魚文、焼締めの南蛮と、沖縄における作陶の手法を駆使したもので、強いこだわりが、感じられる。

 

 

 

 

EXIBITION

1980年 大阪高島屋 個展(大阪)

1981年 国画会展 入選(日本)

1986年 現代沖縄陶芸展・銅賞(沖縄)

 

1990年 横浜有隣堂ギャラリー 個展(神奈川)

     福岡大丸デバート 個展(福岡)

1991年    現代沖縄陶芸展 奨励賞受賞(沖縄)

     クラフトセンタージャパン丸善ギャラリー  沖縄工芸デザイナー協会「亜熱帯の色と形」展 会長
1992年 福岡玉屋デバート・沖縄三越 個展(沖縄)

1993年 NHK人生読本「沖縄の心を焼く」出演

1995年 沖縄デザインコンべ  優秀賞 「ブルーコーラル」(沖縄)

1998年 リウボウホールに二五周年記念企画展「群・舞・礁」(沖縄)

1999年 三越デパート茶陶展(沖縄)

2001年 現代沖縄陶芸展 優秀賞(沖縄)

2002年 京都・神戸大丸百貨店 個展 (京都)(兵庫)

     北海道芸術の森 作品展示(北海道)

2005年 東急プラザ銀座 プラザハウスグローバルギャラリー 二人展(東京)

2007年 京都法然院 個展「生まらしみそーれ」展(京都)

2009年 横浜高島屋 個展 (神奈川)

     京王デパート美術画廊 個展「琉球南蛮」(東京)

2010年 京王デパート美術画席 個展「琉球南蜜展」(東京)

2011年 山口井筒屋 個展「琉球南蜜展」(山口)

2012年 小倉井筒屋 個展 (福岡)

     佐賀玉屋 個展(佐賀)

     県立美術館・博物館 「うぎゃー」展(沖縄)

2016年  水戸京成デバート 個(茨城)

 

 

Award

 

1982年 沖縄奨励賞 受賞

1986年 現代沖縄陶芸展・銅賞

1991年    現代沖縄陶芸展 奨励賞受賞

1995年 沖縄デザインコンべ  優秀賞 「ブルーコーラル」
1996年 沖縄県事務局長賞 受賞

2001年 現代沖縄陶芸展 優秀賞

2002年 経済産業省 伝統工芸士認定

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。